作/工藤 隆
演出/高田一郎
新鋭 工藤隆 書きおろし、異才 高田一郎 演出で描く、陽気な現代日本地獄絵図。
1979年3月
渋谷東邦生命ホール
出演 中田浩二・
兼本新吾・名和慶子 他
学生運動の闘士5人が、動乱の中で一人の機動隊員を殺した!逃げのびる決意をした彼らは、時効成立の日の再会を約束して、散っていく。それから15年、逃亡生活はひとりひとりの生き方を変えた。ある者はバーのマダムに、サラリーマンに、予備校の講師に、そして又ある者は釜ヶ崎の労働者にと。追うもの<機動隊員の家族>と追われる者が数時間後の時効を目前にして、彼の機動隊員が眠っている墓場を舞台に赤裸々な姿を見せてゆく。そして以外な事実が・・・・。
櫂の航跡に戻る
すすめば地獄
しりぞいて地獄
だが、とどまるも地獄
黄泉に生きてヨミガエルカ!
黄泉帰り