俺が、一郎だ
      ー亡くなったはずの兄ー
作/野上 卓
一郎は未だ起こらぬ戦争で死んだ。
だが彼は生きている。
彼は過去の時間の中に生き、
閉ざされた意識のそこに生き、
その幻は街を歩く。

私のみているあなたは幻?
あなたがみている世間は幻?
だとしたら私は。私は幻ー
ある日、一郎は不思議な四人の老婆に出会う。未来を占ってくれると言うが、不吉な予感がしてすぐにその場を立ち去った。その後恋人のサツキとの結婚をサツキの母親、山村電機の社長から許されるが、結婚後一年間、第二次湾岸戦争へ志願するという条件つきだった。一郎はサツキと結婚し湾岸へ行くが、敵の攻撃を受け、病院に収容された。そして、家族のもとには戦死公報が届く。しかし、まるで一郎が生きているように生活する父母、兄の死を受け入れて生きていこうとする妹。そんな中、一郎の幻をあちこちで見たという噂がたつ。一郎の幻は何を意味するのだろうか・・・・・。
1998年11月4日〜8日
渋谷ジアンジアン

出演
名和慶子、宮下良子、森光純子、山口充
福嶋久美子、小室努、塩見文、錦毬子
大谷秀芳、山村進子、峰村寿彦
新井律男、初瀬川竜、大西智子他
劇団櫂総出演
櫂の航跡に戻る
演出/中田 浩二