第 59 回 公 演

純子さんが真一君を見る目は差別ではないのでしょうか?
呼吸が止まっている。
そんなっ! 死んじゃったんですか?
殺人です。石川栄子さんが毒殺されました。
あなぐら
―25年目の殺人―
美術   石井強司
照明   沖野隆一
      オペレーター 
櫛田晃代
音響   青蔭佳代(音スタ)
舞台監督 
廻 博
制作   
宮下良子

協力   株式会社守屋材木店
     UBC(上野原ブロードバンド
        コミュニケーションズ)
     ブゥニィズジェネラルサーヴィス
     オフィスハル
人の心の中の差別なんていったい誰が裁けるのかね。
櫂の航跡に戻る
あなぐらって店の名前、ママが? ええ。
ママ、元気でね。
飯島さんも。
作/野上卓   演出/中田浩二
私が生まれたのは芦ヶ浜って所なの。高度経済成長から取り残され過疎化が進む典型的な村だったんだけどそこに原発が出来たの。
誰? 川向うに住んでたんですって。
それでは皆さん、改めて乾杯!
2013年11月1日(金)〜  
     11月3日(日) 


六本木俳優座劇場
笠井優子 福嶋久美子 清水香芳
谷口妙子 塩見文 菅野光子
勅使河原ミキ 高木千穂 つたいめぐみ
石川栄子 八神みゆき 木村友美
岡田和子 山村進子 矢田千香子
秦野公男 広瀬法之 藤枝恭介 東部広幸
千葉正子 茶木珠美
新谷梅子 森光純子 小林由佳 和田尚子
譲治 小貫英臣 小室努 木下勇輝 大林亮太
菱田玲子 坂本茉麻 森田麗子 松田つかさ
真一 野瀬一弘 日比野泰士
中川 真坂友和 初瀬川竜
純子 名和慶子
飯島幸吉 中田浩二
配 役
過疎が進み、原子力発電所の誘致に踏み切った芦ヶ浜村にある中学校を
卒業した子どもたち。それぞれの人生を歩み、そして、25年目の今日、
スナック『あなぐら』でクラス会が開かれる。25年ぶりの再会に、
懐かしさと、何故かぎこちなさを感じさせる面々。
そこへ、一人の刑事が現れ、同窓生の一人が殺されたという。
死体が握りしめていた同窓会の案内状。謎の差出人。
不可解な文面。ダイイングメッセージ?
「今、皆さんは揃って殺人の容疑者なんですよ!!」
大雪で密室となったあなぐらで、25年前の真実が明らかになっていく。

遠い過去からの呼び声が引き起こす、雪の夜の惨劇―。